こんな状況で役立つ!?ファクタリングを利用するべき理由


ファクタリングの強みは審査の柔軟性

ローンで事業資金を調達できないときに重宝するのがファクタリングです。ローンには必ず申込者・会社の審査が待っており、審査をパスしないと融資を受けられません。ファクタリングの強みは担保・保証人が不要であり、審査対象は売掛先の会社になることです。債権を売却して資金を得る方法になるので借金には該当しません。例えるなら不動産やクルマを売却し、お金を手に入れる方法に近いです。ローンの審査を受けるときは、必ず信用情報機関に対して開示請求が行われて、過去のローン利用履歴をチェックされます。ここで延滞や債務整理などの情報が登録されていれば、審査に落ちてしまう可能性が高いです。つまり金欠で困れば困るほど、ローンの利用は難しくなるのです。こうした状態にあっても、ファクタリングなら問題なく資金調達ができます。

売掛先に内緒にして資金調達できる

ファクタリングの利用において気になるのは、売掛先に知られないかどうかでしょう。売掛債権を譲渡する状況は、一般的に取引先から好ましく思われません。資金調達に行き詰っていると思われれば、取引を中止される可能性もあります。確かにファクタリングは原則として売掛先も含めて協議しますが、二社間ファクタリングなら売掛先を含めずに協議して資金調達を受けられます。資金繰りが悪化している状況を周囲に知られることなく、安全に資金調達ができるのです。ただ二社間のサービスは三社間と比較し、手数料が高くなるのがデメリットです。プライバシー性と手数料のどちらを優先するかによって、適切なファクタリングを選んでください。

会社の経営状態が赤字の場合や債務超過の場合は融資を受ける際に不利に働きますが、ファクタリングの利用に会社の状態は関係無く、売掛債権の信用度が高ければ現金の調達が可能になります。

Read More