心理学専攻のコースがある大学はどう選べば良い?


様々な分野の実績がある教員が揃っている大学を選ぼう

心理学専攻のコースがある大学は国内に多くありますが、就職後に役立つ心理学の知識を身につけるには、社会心理学や人格心理学など様々な分野の実績がある教員が揃っているところを入学先に選ぶことが大事です。特に、一つの心理学の分野を在学中に極めたい場合には、ゼミナールの評判が良いところや、演習やグループワークなどの双方向の授業が行われているところを選ぶと良いでしょう。また、スクールカウンセラーや産業カウンセラーなどの専門的な職業に就きたい場合には、カウンセラーの資格取得者の数が多い大学のシステムを調べることがおすすめです。最近では、学校見学会やオープンキャンパスの際に模擬授業を行っている大学もあるため、心理学専攻の授業を実際に体験してみるのも良いでしょう。

医療や福祉の現場で実習ができる大学もおすすめ

大学で心理学を専攻するにあたり、実務に役立つスキルを磨くために、医療や福祉の現場での実習がある大学を探すことがおすすめです。たとえば、病院や老人ホームなどでは、心理学を専攻する学生の受け入れを行ったり、現役のカウンセラーをはじめとする職員が学生の相談を受け付けたりしているところが多くあります。そうした中、卒業後に自分の興味がある職場に就職をするにあたり、実習の期間の長さや主に学べる内容について入学願書や公式サイトなどを参考にしながら把握しておきましょう。なお、大学によっては夏休みや冬休みの期間中に、様々な現場のインターンシップの募集をするところもあります。

心理学の大学とは、心理学科のある大学を指します。心理学科がなくても心理学を学べる学校は複数存在していますが、心理学を学科として取り扱っている大学を指す言葉です。

Read More